<< マロンちゃん、チョコちゃん | main | eddyその後 >>

犬の歯列矯正

JUGEMテーマ:しつけ
犬の歯列矯正

akiyamaです。

長く訓練しているサージュちゃんが歯の矯正をしました。

私も以前トリミングの専門学校に勤めていた時
「ドックショーに出陳するワンコはやる場合もあるよ!」って
聞いた事がありましたが
まさか、Eddyが通っている先生がやってるなんて
ビックリでした

サージュちゃんはT・プードルだけど
1.8kgしかなくてちっちゃい子なので
どうしても噛む力があまり無く
乳歯が沢山残ってしました。

やはり、私も気になってEddyの通っている獣医の先生に
相談した所、抜歯して、ちゃんと矯正してあげないと
不正咬合で噛み合せが良くない事で色々な支障が起きるとのお話でした。

そして、サージュちゃんのお父さんと相談した結果
処置を行う事になりました。

サージュちゃん、切歯(いわゆる前歯です)も乳歯が残っていて
全部で7本の乳歯を抜きました。

サージュちゃんはとても良い子なので
何も薬を使わずにレントゲン等の事前検査をクリアーしていた様です

犬の歯で一番残りやすいのが
犬歯(いわゆる上下左右にある一番大きくて長い牙ですね)ですが
この犬歯の乳歯が残った状態で永久歯が生えてきてしまうと
下の犬歯の咬み合うスペースが無く
上顎の内側に刺さった状態になったりと
 上下の犬歯のかみ合わせが上手くいかない状態が発生したりします。

下の犬歯が奥まっています


原理は人間と一緒ですが
歯を引っ張り、移動させ、下の犬歯が埋まる隙間を作っています。
矯正器具を犬歯と前臼歯(奥歯)にくっ付けて引っ張っている状態です


人間の歯列矯正は何年もかかりますが
犬の場合、多少年齢にもよるようですが
サージュちゃんの場合はもう9〜10ヶ月という年齢で
歯が動き辛い時期になっていたので
3週間ほどかかりました。

通常犬の歯の生え変わりというのは
生後5〜6、7ヶ月でなされますが
噛む力が弱い小型犬の場合、永久歯が生えてきても
乳歯が抜けない場合があります。

犬歯の場合、乳歯と永久歯の共存期間が2〜3週間以上になり
乳歯がぐらついていない場合は
そのまま抜けず、不正咬合になってしまう場合があるようです。

サージュちゃん、カラーをつけて頑張りました
やはりちっちゃい歯ですから
矯正装置がやや大きくて
つける面がそれほど平らではありませんから
途中、矯正装置が何度か取れてしまい
その度に着け直しに病院に通いましたが
とてもお利口なサージュちゃんは
麻酔等必要無く、処置をさせたそうです
(エライぞ〜



サージュちゃん、頑張った甲斐あって
日に日に歯が移動していきました。
果たして結果は・・・・・
次回に続く

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
ブログランキングに参加中
クリックのご協力お願いします。

at 02:48, akiyama, -

comments(4), -, - -

スポンサーサイト

at 02:48, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment
-, 2017/07/09 10:13 PM

管理者の承認待ちコメントです。

-, 2016/09/12 12:49 AM

管理者の承認待ちコメントです。

-, 2016/03/12 2:00 PM

管理者の承認待ちコメントです。

大森健三, 2012/04/02 7:58 PM

4月1日甲斐犬の品評会に参加しました。しかし前歯のかみ合わせ(アンダー)が悪いとのことで最下位になり、少し残念であり、出来れば歯の矯正をしてやりたいのですが、歯医者を紹介してくださればありがたいのですが、よろしくお願いいたします。